Pythonで都道府県別の色分け日本地図を作成する方法〜japanmap〜

都道府県別の情報を日本地図にマッピングして、可視化する方法です。
以下のような図の作成ができます。

都道府県名-色名の一覧作成

基本的には、都道府県-色名(orカラーコード)の一覧をSeries型で作成し、japanmapメソッドでそれを呼び出すだけです。
以下のような形式です。

まずは可視化したいデータを上のようなSeries型に変換します。
ここは元データによって変わるので一概に方法を示すことは出来ませんが、この1つの参考として以下のQiita記事もご覧ください。

https://qiita.com/t_nishimaki/items/a5b94696454bd03fb248

sponsored link

日本地図へのマッピング

マッピングする事自体はmatplotlibjapanmapを読み込めば簡単です。
上で作成したSeriesの名前をjapan_rateとすると、以下のように書きます。

サイズはお好みで。すると、以下のような図が書き出されます。

デザインの調整

デフォルトだと少々画質が荒いので、デザインを整えてみます。
ここはセンスの問題もありますが、以下のように余計なものを排除し、png形式で描画すれば多少は見やすく、かつ県境が綺麗に表示できます。

こうすると、

多少は見た目良くなったのではないでしょうか。

sponsored link